右手で名刺を持つ

渡した相手に好印象を持たれるような名刺は業者で作成が可能

女性だからこそできる工夫もあります

名刺を持つ男性

女性の方が名刺を持つ機会も多くなっていますが、より印象を強く与えるためにはどんな名刺を作成したら良いのか迷ってしまう場合もあります。シンプルでクオリティーの高い名刺を持つのが1番になりますが、他の人と同じようなレイアウトになってしまうと、自分の事を相手に強く印象付ける事ができません。女性だからこそできる工夫があるので覚えておきましょう。
女性と名刺交換をした事がある人はすでに把握しているかもしれませんが、最近は少しだけデコレーションしている名刺を持っている人がいます。目立ちにくいようにハートをつけてみたり、星をつけてみたりする人もいます。男性がこのような行動をしてしまうと、良くない印象を持たれてしまう場合もありますが、女性であれば許させる場合があります。
他の人よりも強い印象を与えたいと考えている人は、名刺作成の際にデコレーションをする事を考えてみると良いでしょう。あまりにも派手にデコレーションをしてしまうと、女性でも良くない印象を持たれてしまう場合があるので、極端にデコレーションが目立ってしまう事が無いようにしましょう。中には写真を名刺につけて作成している人もいますし、自分のイラストを名刺につけている人もいます。

目立つ名刺の作り方

どうせ名刺を作るのであれば、できるだけ渡した人の印象に残るような目立つ名刺を作成してみてはいかがでしようか。目立つ名刺を作るために考えられることがいくつかありますので、ご紹介いたします。目立つ名刺を作成するにあたり考えるポイントの1つに、形があります。名刺と言えば長方形が一般的で、多くの人は長方形の名刺を持っていることでしょう。もしその中で少し形が違う名刺を持っていたら、目立つことができるのではないでしょうか。正方形の名刺や丸型の名刺も作成することが可能です。名刺は長方形で当たり前という考えから離れてみると面白いかもしれません。
次に考えられるポイントとして、素材があります。名刺に使用する紙は様々です。少し色がついた紙や、模様の入った紙、通常よりも厚い紙などたくさんの紙を選ぶことができます。印象に残る名刺を作成したいのであれば、他の人とは違う紙を選んでみてはいかがでしょうか。
また、紙以外の素材でも名刺を作成することは可能です。プラスティック素材であったり、木であったり、意外と名刺に使える素材はたくさんあります。紙以外の素材というのも、一度検討してみると良いかもしれません。素材や形にこだわって、オンリーワンの印象に残る名刺を作ってみてはいかがでしょうか。

人も名刺も第一印象が大切

人は見た目の印象が重要とされていますが、それは人だけではなく名刺においても同じことが言えます。初対面の人に渡す名刺は自分や会社の情報が記載されており、そのデザインはさまざまです。ビジネスにおける人間関係の入口ともなる名刺は人の見た目と同じくらいその人の印象を決定づけるものになります。
しかも作成した名刺は長期間保管されることもあるので一度渡せば見返した際にずっとその印象がついてしまうこともあります。すべての人がそうとは限りませんが、名刺によって仕事ができるかどうか、信用に足る人間かどうかを判断されてしまう可能性もあるのです。
見た目の印象が大切になる名刺ですから、自分で作成する場合には記載する情報に間違いがないことはもちろんですが、情報を詰め込み過ぎたり、色やフォントを使い過ぎて見づらい名刺になっていないか作成前によく確認するようにしましょう。なにより名刺は自分を紹介するためのツールです。
自分の名前が見やすく表示されていることはもちろんですが、所属会社や連絡先がすぐにわかるようにデザインすることが大切です。そして名前以外に一番伝えるべきことはなにかを考え、それを見やすい位置に持ってくることも重要になります。

recent posts

sub menu

このページのトップへ